CHECK

危険物貯蔵庫の設置にかかる費用の内訳

危険物貯蔵庫の設置にかかる費用の内訳

危険物貯蔵庫の工期は敷地条件や建物の規模で違い、床面積300坪で1棟平屋建で4ヶ月から6ヶ月ぐらいが目安で、費用は1坪60万円から80万円が一般的で、これも地盤・規模・建物・消火設備などの内訳で違ってきます。危険物貯蔵庫の建設は、最初に基本計画をしてから基本設計を作成し、実施設計・申請を終えてから工事金額を確定させます。その後、資材などの調達を行い建設工事では、基礎・躯体・仕上・外構、完了後に依頼者・審査機関・消防などの検査を受けて竣工・お引渡しとなります。危険物倉庫の検察は所轄消防との競技で工期や工事の金額も左右されて、実績がある設計者が基本計画の初期の段階から直接協議をします。ビジネス向けに、メーカー向けの原料や製品倉庫、汎用性を持たせた営業用倉庫、ラックとの組み合わせでの保管効率の最大化や温度管理が必要な低音タイプなど保管するものや用途にあわせて対応出来ます。先に無料相談も行っていて、危険物や保管料、敷地条件を知らせればプランニングから概算見積もりの提示までしてくれます。土地がない場合は用地の取得も行ってくれます。

低料金高品質のユニット型危険物貯蔵庫がおすすめ

指定数量未満のガソリンや軽油、潤滑油等の引火性液体向けの貯蔵庫はユニット型少量危険物貯蔵庫がユニットタイプなので、スピーディに設置が可能です。 ユニット型危険物貯蔵庫は、消防法に準拠した安心低料金製品なので掲示板や消火器も標準装備なので手軽に導入できて おすすめできます。 ユニット型危険物貯蔵庫を選ぶメリットは、スピーディな設置が可能で10平米未満なので確認申請が不要な場合もありIS O9001取得工場での生産で、安定した品質を持っていることです。 また軽油や潤滑油、シンナーやトルエンに重油に動植物性油類など引火性液体を保管するための貯蔵庫で設置の際にはレベリングとアンカー固定が必要となります。 当該敷地に対し新築の場合や準防火地域内に設置する場合に当該敷地に対し、増築改築の合計が10m2を超える場合は建築確認申請を行うことです。 それから防火地域においてはシャッター仕様は使用出来ませんが、親子ドア仕様は使用出来る場合があるので事前に確認申請機関と協議をお願いします。

に関する情報サイト
危険物貯蔵庫のお役立ち情報

危険物貯蔵庫は消防法や建築基準法などによって設備の条件や人員体制が定められているため、適切な手つきに則った対応を行わなければなりません。許認可の取得のための各種申請や手続きなども多くあるため、通常の設備工事に比べても時間がかかるものと想定しておいたほうが無難です。もちろん貯蔵する種類や量によっても基準が異なっているほか、タンク貯蔵なのか地価タイプなのか移動式タイプなのかでも対応が違うという点があります。

Search