CHECK

危険物貯蔵庫を設置したい!導入前に知っていると役に立つ情報を詳しく紹介

危険物貯蔵庫は消防法や建築基準法などによって設備の条件や人員体制が定められているため、適切な手つきに則った対応を行わなければなりません。
許認可の取得のための各種申請や手続きなども多くあるため、通常の設備工事に比べても時間がかかるものと想定しておいたほうが無難です。
もちろん貯蔵する種類や量によっても基準が異なっているほか、タンク貯蔵なのか地価タイプなのか移動式タイプなのかでも対応が違うという点があります。

危険物貯蔵庫を設置したい!導入前に知っていると役に立つ情報を詳しく紹介

危険物貯蔵庫について導入前に知っておいたほうが良いのは、おおまかに保険できる危険物の分類で第1類~第6塁まであります。
危険物貯蔵庫に保存できる危険物として一部を紹介すると、第1類はさせ伊勢の個体でほかの物質を酸化させるような物質に該当します。
第2類は可燃性固体で、マグネシウムや鉄粉など着火や引火しやすい性質がある物質が該当するのです。
第3類はい÷湯水に触れると反応が発生する物資で、自然発火性物質および禁水性物質が該当します。

危険物貯蔵庫と普通の倉庫は何が違うのか?

危険物貯蔵庫は、普通に考えても普通の倉庫と同じであって良いはずがないと分かります。
危険物貯蔵庫は、消防法で定められている火災とか爆発などの危険性がある物質を保管しておくための施設であり、そのための特別な基準が設けられています。
例えば、そのような貯蔵庫のすぐ隣に学校があったとすればどうでしょう。
ちょっと安心して子供を通わせられないと考えるはずです。
隣が一般の住宅であったとしても似たようなことが言えます。
木造で、地下1階地上3階建ての施設であったらどうかと考えてみてください。
やはり万が一の際には消火活動その他がかなり大変なことになると容易に予想がつきます。
これらは一つの例に過ぎませんが、このように、危険物貯蔵庫は安全性を確保するために様々な基準が設けられており、それを満たす施設でないといけないことが定められています。
もちろん一般の倉庫であっても建築物である限りは一定レベルの基準はありますが、両者には差があります。

危険物貯蔵庫の種類ごとに異なる設置の手間

危険物貯蔵庫にはいくつかの種類があり、設置の仕方が違うため手間はかかります。
また、同じ危険物の施設にも主に3つに分かれてます。
製造所は製造する施設のことで、危険物貯蔵庫は室内・屋外、タンクでも屋内・屋外・地下・簡易・移動と分かれてます。
もう一つは取扱所で、こちらは給油(ガソリンスタンド)・販売・移送・一般(ボイラー)です。
実はガソリンスタンドやタンクローリー、ボイラー室なども危険物施設です。
各施設ごとに基準が決まっていて、屋内の危険物貯蔵庫の構造だと軒高・床面積は6m未満の平屋建、床面積は1000m2以下です。
屋根も軽量な金属板などの不燃材料、天井は設けては駄目で壁・柱・床・梁は耐火構造で作ること、窓ガラスは網入りガラスを使います。
床は危険物が浸透していかない構造で、傾斜をつけて漏れた危険物が貯められるようにためますなどを設置しないといけません。
他にも 指定数量が10倍以上の施設は避雷設備、引火点70℃未満の危険物を貯蔵するときは蒸気排出設備も必要です。

ユニットタイプの危険物貯蔵庫が人気

ガソリンやアルコールなどの揮発性が高い可燃性の石油製品をある程度まとまった分量を保管する場合は、所有空き地などに危険物貯蔵庫を設置して保管することが法律で義務付けられています。
倉庫の一種ですが、建築物であることにはかわりなく、それなりの設置工事が必要になります。
軒高や広さにも厳密な規制があり、換気設備などの保安防火機能も確保する必要があることから、相応の出費と専門家の関与が必要になります。
このような設置上の手間を踏まえると、ユニット式の危険物貯蔵庫に人気が集まるのには理由があります。
ユニット式の危険物貯蔵庫とは、既に設備一式が完備した構造物を地面にすえつけるだけで施工工事が完了するという特徴をもっています。
施工工事が短期間ですむだけでなく、法令上必要なスペックも具備しているので行政庁からの許可などの手続きもスムースに完了させることも叶います。
リーズナブルな費用で周辺住民にも安全性が高く、おすすめです。

危険物貯蔵庫の購入前に政令を確認

危険物貯蔵庫を購入する前に確認しておいた方が良いのは、危険物のことについて規定された政令です。
こうした政令には、どのようなものが危険物に該当するのかも、具体的に記載されています。
危険物貯蔵庫に貯蔵しようと思っているものが危険なものかどうかわからない場合にも確認できます。
過よう素酸塩類などが、具体的に規定されていて、過よう素酸も含まれます。
クロム、鉛またはよう素の酸化物もこのような物質の一つで、亜硝酸塩類や次亜塩素酸塩類なども該当します。
貯蔵庫の区分に関することも規定されていて、その中の一つが屋内の場所で危険物を取り扱う施設です。
こうした施設のことを屋内貯蔵所と呼んでいます。
屋外に設置しているタンクで危険物を取り扱うものは、屋外タンク貯蔵所です。
その他にも地下タンク貯蔵所や簡易タンク貯蔵所の内容などが規定されています。
タンクの容積の算定方法についても規定されていて、危険物貯蔵庫を使用するために必要なさまざまなことを確認できます。

に関する情報サイト
危険物貯蔵庫のお役立ち情報

危険物貯蔵庫は消防法や建築基準法などによって設備の条件や人員体制が定められているため、適切な手つきに則った対応を行わなければなりません。許認可の取得のための各種申請や手続きなども多くあるため、通常の設備工事に比べても時間がかかるものと想定しておいたほうが無難です。もちろん貯蔵する種類や量によっても基準が異なっているほか、タンク貯蔵なのか地価タイプなのか移動式タイプなのかでも対応が違うという点があります。

Search